職業用ミシン編
 
 
「ミシン修理ブログ」へ
   
 
トップページ > 調子の悪い時には > 職業用ミシン編
 
 
職業用ミシン編
 
注油やお手入れをして操作方法などチェックしてみましょう!
左のサイドメニューから症状を選択してください。

ミシンは精密機械です。わからない時にはミシン店に相談してみましょう。
修理にもアフターサービスが必要です。お近くのお店で見てもらうことをお勧めします。

  ※簡単な修理、故障の質問は中国ミシンセンター「お問い合わせ」からお願いいたします。


 家庭用ミシン編へ  ロックミシン編へ
 
動かない
 

@ミシン右側側面のプーリは手で軽く回りますか?
 
 プーリが手で回らない時は油不足が考えられますので油を注してみましょう。

 ≫詳細を表示/非表示にする

Aモータの音はしますか?
 
 フットコントローラを踏んでもウーンとモータの音がしないのは、モータ本体、又はフットコントローラの不良が考えられます。

 ≫詳細を表示/非表示にする

 
 
 
音が大きい・高い
 

@掃除をしたことがありますか?
 
 釜周辺の掃除をしてみましょう。

 ≫詳細を表示/非表示にする

Aミシンに油を注していますか?
 説明書を見て、ミシンに油を注しましょう。

 ≫詳細を表示/非表示にする

B針の交換はされてますか?。
 針先が痛むと「プツプツ」音がする時は針を交換しましょう。

 ≫詳細を表示/非表示にする

 
 
 
目飛び・糸切れする
 

@上糸の糸掛けは正しく出来ていますか?
 
 天秤に糸が掛っていないことが多いです。確認したうえで糸を掛け直してみましょう。

 ≫詳細を表示/非表示にする

A針は正しい向きで取り付けられていますか?
 ミシンの針には表と裏がありますので確認してみましょう。

 ≫詳細を表示/非表示にする

B綿糸や絹糸を使われていませんか?
 綿糸や絹糸は生地によっては切れやすいですのでポリエステルの糸に交換してみましょう。

 ≫詳細を表示/非表示にする

C生地に合った針を使われていますか?
 生地に合わせて針を使うと縫いあがりも良くなります。

 ≫詳細を表示/非表示にする

 
 
 
縫い縮みする
 

@上糸がどこかに引っかかっていませんか?
 
 上糸がどこかに引っかかっているかもしれません。押えを上げた状態で上糸を引っ張ってみて確認してみましょう。

 ≫詳細を表示/非表示にする

A針先が潰れていませんか?
 
 針先が潰れたり曲っていると生地にシワができる時があります。新しい針に交換しましょう。

 ≫詳細を表示/非表示にする

B糸調子が強すぎませんか?
 
 薄い生地に対して糸調子が強いとシワがよります。上糸、下糸を緩めてあげましょう。

 ≫詳細を表示/非表示にする

C滑る生地の縫い合わせをされていますか?
 
 上の生地と下の生地が滑ってシワができる事があります。上下同時に生地を送る「上送り押え」などを使ってみましょう。

 ≫詳細を表示/非表示にする

 
 
 
糸調子が合わない
 

@上糸は正しく糸掛けできていますか?
 
 天秤から糸が外れていないか確認してみましょう。またはどこかで上糸が引っ掛かっている場合もありますので上糸の糸掛けをやり直してみましょう。

 ≫詳細を表示/非表示にする

Aボビンケースに下糸が正しく糸掛けできていますか?
 
 ボビンケースには必ず糸掛けがあります。説明書を見て確認してみましょう。

 ≫詳細を表示/非表示にする

B糸が太すぎませんか?
 
 糸が太いと糸調子が乱れる事があります。糸に合った太い針に交換しましょう。

 ≫詳細を表示/非表示にする

 
 
 
針が折れる・曲がる
 

@針を交換した直後から針が折れませんでしたか?
 
 針が奥まで入っていないかもしれません。針止めネジを緩めて、針が上に当たるまで押し込みましょう。

 ≫詳細を表示/非表示にする

A細い針で厚い生地を縫っていませんか?
 
 太い針に交換しましょう。針が細いと生地の硬さに負けて折れる事があります。
 

 ≫詳細を表示/非表示にする

 
 
 
生地を送らない
 

@糸が絡んでいませんか?
 
 糸掛けが正しくできていないと糸が絡まって生地を送りません。絡んだ時の糸がループ状になっている時は上糸の糸掛けが正しくできていない場合が多いです。糸を掛け直してみましょう。
 

 ≫詳細を表示/非表示にする

A生地が食い込んでいませんか?
 
 端から縫い始める時に生地が針板に食い込んでいませんか?少し端から離して縫ってみましょう。

 ≫詳細を表示/非表示にする

B縫い目の送りが、0ミリになっていませんか?
 
 縫い目の送りが0ミリに設定されていると生地を送りません。
  

 ≫詳細を表示/非表示にする

C送り歯が下がっていませんか?
 
 ドロップフィード(送り歯を下げる機能)が付いているミシンは確認してみましょう。

 ≫詳細を表示/非表示にする

D掃除をされてますか?
 
 送り歯の隙間にゴミが溜まっているかもしれません。針板を外して掃除をしましょう。

 ≫詳細を表示/非表示にする

 
 
 
糸がからまる
 

@糸掛けは正しくできていますか?
 
 糸のからまる原因は天秤から上糸が外れている事が多いです。糸を掛け直してみましょう。
  

 ≫詳細を表示/非表示にする

A針は正しい方向でセットされていますか?
 
 針の方向が違うと目飛びを起こしてその緩んだ糸が絡まります。正しくセットできているか確認してみましょう。

 ≫詳細を表示/非表示にする

B送りの悪い生地で同じ所を縫い続けていませんか?
 
 その場で足ふみして同じ所を縫い続けてしまうと生地が針板に食い込んで糸が絡まることがあります。左手で生地の送りを手伝うか生地に合った押えに交換しましょう。

 ≫詳細を表示/非表示にする